くろぶちめがねの写真館

カメラと旅とお酒とその他色々な写真ブログ

ニコン NIKKOR Z 14-30mm f/4 S を発売日に買う

   めがねです。

 

 

 

 

やっと待ちに待ったZマウントの広角レンズが発売されました。

 

NIKKOR Z 14-30mm f/4 Sです。

 

f:id:Z13:20190214194958j:plain

仕事帰りにキタムラへ行って早速ゲットなのです。

 

f:id:Z13:20190419213319j:image

 

重さも485gと超広角なのに軽量なのがありがたい!!!(*≧∀≦*)

しかもフィルターが付くの!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

f:id:Z13:20190419213325j:image

 フィルター径は82mmで大きいけど銅鏡は細いです。

 

 

Zマウントということもあり手ぶれ補正も5軸補正が効きf/4でも十分戦力になる🎶

 

そもそも広角で大口径のボケの表現をしないからf/4の『軽量』超広角の方がめがねには良かったりする。🎶

 

気兼ねなくカバンに入れられて持ち運びができる超広角ズームレンズは超貴重だ!(●´ω`●)

 

f:id:Z13:20190419213346j:image

NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sと同じように沈胴式なので撮影するときはネジって引き出さないといけません。

14mm撮影時は一番伸びて格好が悪いですがコンパクト&軽量レンズなので仕方ありません! むしろ軽量な方がありがたい!!! 70−200mmも是非とも沈胴式を採用してほしい♫

 

f:id:Z13:20190419213404j:image

 30mm撮影時は逆に一番短くなります。

 

 

 

じつはAF-S NIKKOR 14-24mm f2.8G EDや18-35mmなどを先に手放してしまい 超広角レンズを持ってなかったのですw

 

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDの弱点は1キロを超える重さと前玉を気をつけなければならない出目金。   かなり持ち運びたくないレンズ。

 

AF-S NIKKOR  18-35mm f/3.5-4.5G EDは軽くフィルターも付くけど広角レンズなのに狭い画角・・・

広角の14mmと18mmの違いはかなり大きい!

 

 

その2つの弱点を補ったのが今回発売のNIKKOR Z 14-30mm f/4 Sなのである!!!

買いなのである! 

 

 

とくに嫁ちゃんが広角レンズ好きで14-30mmを楽しみにしてるのでしばらくは嫁ちゃんのZ6の方に付けっ放しになることでしょう。

 

 

めがねは望遠好きなので『軽量』望遠の70-200mm f/4 Sや70-300mm f/4.5-5.6の発表を待っています。

 

できれば500グラム代に抑えて早く出してくれ!!!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

f2.8は重いからいらない。

 

そもそもミラーレスブームになった最大の理由は一眼レフよりも軽量&小型化ができるからだと思う。 

一眼レフと同じような重さのレンズはいりません。

(望遠は口径が大きければ軽くなりにくいらしいがキヤノンの70-200mmf2.8の小型化には痺れた!)

 

ニコンにも同様に頑張ってほしい。

 

 

同じ日に出たNIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sもやはり気になるところですがf/4 Sを持ってるので先に広角ズームを揃えます!(●´ω`●)!

 

 

ゴールデンウィークの10連休は青空いっぱいの超広角写真撮影を楽しみたいなぁ(*≧∀≦*)