くろぶちめがねの写真館

カメラと旅とお酒とその他色々な写真ブログ

フルサイズミラーレス三国時代到来

   めがねです。

 

 

 

 

 ニコンのフルサイズミラーレス Z7、Z6発表を皮切りにすぐさまキヤノンがEOS Rを発表して三国志のような状況になってきました。

 

 

 一眼レフシェアナンバーワン、カメラ界最強のキヤノン(魏)

 孫堅、策、権の3代続くミラーレスに圧倒的地盤を持つソニー(呉)

 中山靖王の頃はブイブイいわしてたのに子孫の劉備は下火気味だったけどD850で復活の兆しのニコン(蜀)

 

 さながらこんな感じでしょうか

f:id:Z13:20180906192604j:plain

 

 パナソニックからフルサイズミラーレスの噂があるもののとても勝ち残れるとは思えません・・・ 知ってる人は知ってる袁紹ポジションでしょうか・・・  しかし後日にパナソニック、ライカ、シグマがライカLマウントでフルサイズミラーレス参入発表で年代は違うもののチンギスハーンばりの勢いで攻めてきそうな勢いです・・・

 

   シグマさんがこれでLマウントレンズ開発で忙しくなりニコンZマウントのシグマレンズは出ないおそれが高くなりました。 売れないマウントのレンズはそもそも作りませんし・・ ぃゃニコンZ7マウントが売れないと決めつける訳ではないですが・・・

やはり高いですよね レンズも・・・ なので選択肢の多いマウントにユーザーは移行すると思うのです。あとZマウントを公開してないので特許で揉めたりするしね・・・

 

  サードパーティのレンズが使えないとお金のないカメラマンは厳しいので、パナソニックの戦略は素晴らしい一手だと思いますり

 

 

 

 

 めがねはニコンニッコールレンズ資産があるのでニコン一択ですが、もし持ってなかったらどれを買おうかと悩むと思います。

 

 

 ざっくりと先入観なく簡単に比較していきます。

  (動画機能は詳しく無いので割愛します)

 

 

 

f:id:Z13:20180906194043j:plain

 

 まずは(魏)ポジションのキヤノン 

 

 

 カメラ界圧倒的シェアを誇り、観光地でカメラ構えてる人の7割がキャノンだと言っても過言でありません。

 

 しかしミラーレスに関してはAPS-CのEOS Mがあるもののやる気があるのかないのか開発は一眼レフの次という微妙な感じでソニーにあっという間に置いていかれた感じです。

 

 フルサイズミラーレスとなると三強の中で一番後発 、しかしながら後発だけに良い値段で最初のフルサイズミラーレスを投入してきました。

 

  その価格はズバリ オンラインショップで23万7000円 おそらくまだ2万くらい安く発売されるでしょう。前の週に発表されたZ6より安く売り出されます。

 

 

 ざっくりとめがねが良いと思ったところをスペック紹介 

 

 

 ・ 値段の割に3030万画素♫

 ・ 660g

 ・ 瞳AF有り

 ・ レンズ交換時ゴミが付着しにくいサイレントシャッターに対応

 ・ RF24-105mm F4 L IS USMが初回から投入は熱い!

 ・ レンズの独立したコントロールリングが良さげ♫

 

 残念なところ

 

 ・ 静止画のボディ内手振れ補正が非搭載

 ・ レンズが比較的高い!

 ・ フランジバックが20mmで3社で一番長い (いちゃもんです)

 

 これを見てもなお良いカメラです。 売れることは間違いないでしょう!

 

 

 

 

 

f:id:Z13:20180906194048j:plain

 

 次は呉ポジションのソニー

 

ミラーレス界最強のソニー 時代の最先端を走り、もう三代目の機種を出しています。

 

 ・ スポーツ撮影に強い a9

 ・ 高画素機の a7RⅢ

 ・ ベーシックながら十分すぎるスペック a7III

 ・ 高感度撮影に強い a7SⅡ

 

 と盛りだくさんの機種を発売しています。

レンズも超望遠レンズ以外は網羅しています♫

 

 ボディは中古もあるし一世代前のだとかなりお買い得になってて一番少ない軍資金でフルサイズデビューを目指せるメーカーです♫

 

 

 ざっくりと全てのスペック紹介

 

 良いところ

 

 ・ スポーツならa9 風景ならa7RIIIと自分に必要な機種が揃えられる

 ・ 瞳AF搭載 (機種による)

 ・ AFポイント693点 (機種による)

 ・ ボディ内手振れ補正

 ・ a7IIIのバッテリーの持ちが良い

 ・ サードパーティー製レンズが豊富♫

 ・ 各社マウントアダプターが豊富♫

 

 残念なところ

 

 ・ マウント経が三社で最小でこれから周辺画質で叩かれることになるかもしれない

 

 

 とにかく弱点が少なく今後もソニーの牙城を崩すのは難しいと思われる。

 

 

 

 

f:id:Z13:20180906194053j:plain

 最後に我が蜀ポジションのニコン

 

 ニコワンが商業的にズッコケ ミラーレスで瀕死のニコン

 

 ソニーキヤノンに勝つためにはまず初めに圧倒的シェアを奪わなければならない!

しかしわかってない! わかってないぞ!ニコン!!!!

カメラボディが高いんですよ!!! 特にZ7!

一番初めにシェアを奪わないとそれから苦しいんですよ!!!!!!

レンズ資産があるから移行しにくくなるんですよ!!

 

 

 相変わらず商売が下手なニコンです。

フルサイズミラーレスの発表の時お偉いおっさんが出てたどたどしく話ししてましたが世の中のみんなは偉いおっさんに興味は無いんですよ・・・ その分キヤノンは宣伝上手 わかってます

壇上に二人のオネーチャンが花を咲かせてくれています。

ニコンは真面目なんです! でもそこが良かったりするんです! (どっちなんだいw)

 

 ということで熱くなってしまったが今回のミラーレスに自信満々だったのかかなり強気のニコンです。

 

 高画素機のZ7とオールラウンドモデルのZ6の二機種を発表です。

 

 Z7はフルサイズミラーレス史上最高画質! 4575万画素

そしてレンズ設計を自由にするためにマウントを内径55mm フランジバック16mmという新次元の光学性能をうたうZマウントシステム♫

 

 従来のFマウントの弱点の周辺画質や周辺の減光など今は昔の話になるでしょう。

 

 

 

 

 ニコン Z7 Z6について良いところ

 

 

 ・ 新しいZマウントシステムで画質最強伝説

 ・ 5軸ボディ内手振れ補正 アダプタ使用時でも3軸補正

 ・ 675g

 ・ Z6と24−70mm f/4のレンズキットは良いと思う♫

 

 残念なところ

 

 ・ XQDカード (おいらは持ってるんだけど高いよね・・・)

 ・ 瞳AFが無い (顔認識はある)

 ・ カメラボディが3社で一番高い・・・

 

 

 

 とまとめてるとそのほかに書いてないのもたくさんあるものの必要十分な機能は盛り込まれてる。

非常に真面目なカメラである👍

 

 

 

 

 

 ということでまとめに入りますと

f:id:Z13:20180906194043j:plain

 

 キヤノンは 初のフルサイズミラーレスでEOS Rのボディが比較的に安く

旅に熱い24−105レンズを投入してくるあたりさすがわかってるメーカー

キヤノン使ってるユーザーからのシェアは確実に取れるでしょう。

が今の所レンズキットが無いということで、レンズが単品購入になり高額なのはいただけないところです (キャンペーンでのキャッシュバックはあるみたい🎶)

 

 

 

 

 

f:id:Z13:20180906194048j:plain

 

 ソニーは盤石の布陣でほぼ出揃ってるので次の発表時にもっと先の機能を追加したり強化した機種を出してくるでしょう なのでまだまだソニーが確実にフルサイズミラーレスの先頭を走っていくことでしょう。 

 ただ気になるのはマウントの経が小さいので画質対決になった時に遅れをとることは目に見えているでしょう。

 

 

 

 

 

f:id:Z13:20180906194053j:plain

 

 ニコンZ7は画質最高画質をうたうだけありフルサイズセンサーも確実にハイスコアを叩き出すものを使うと思われるので風景撮影が主な人には熱いカメラになるでしょう。 24−70のレンズも1.5クロップして使うことにより2000万画素あたりになりますが24ー105のレンズと使うこともできるので旅カメラにもオススメできます♫

 

 Z6もレンズキットなら比較的お求め安い値段でフルサイズミラーレスデビューできることからZ6は非常にオススメ機種であります。

 

 

 

 とにかく最初の顧客の囲い込みが重要だと思うのですが、このままだとカメラ人口を考えるあたりソニーが安泰で、次にキヤノンがいいポジションに上がるのではと予測しています

ニコンは・・・・どうなるのだ?

 

 

 D850のように良いものは高くても売れるんです!

出し惜しみしないで頑張れニコン!!!

 

ちなみに、おいらめがねはZ7を24-70mm f/4とアダプタキットを予約中です。